東京と大阪


こんにちは。

そう。

東京は今日も雨です。

今週は結構な量の雪も降りました。

天気だけだったら、大阪の方がよさそうですね。

大阪は雪なんか滅多に降らなかったですから。

東京と大阪の違いを語るのも今更野暮ですが、天候以外もだいぶ違います。

両方に住んだことがある人ならなんとなくわかるかと思いますが、どっちが住みやすいかは絶対に分かれるはず。

それだけ色々な面で違いがあります。

全部書くとキリがないので、今回は一つだけ。

予め言っておくと完全に僕の偏見なので悪しからず。

今現在多くの外国人が来日しています。その数は年々増加傾向にあるようですが、大阪も東京も例外ではありません。

それに伴い在日外国人も増えています。

在留カード別にみると

(1)中国665,847人(構成比29.8%)(+1.7%) (2)韓国457,772人(構成比20.5%)(-1.7%) (3)フィリピン229,595人(構成比10.3%)(+5.5%) (4)ブラジル173,437人(構成比7.8%)(-1.1%) (5)ベトナム146,956人(構成比6.6%)(+47.2%) (6)ネパール54,775人(構成比2.5%)(+29.4%) (7)米国52,271人(構成比2.3%)(+2.0%) (8)台湾48,723人(構成比2.2%) (+21.2%) (9)ペルー47,721人(構成比2.1%)(-0.5%) (10)タイ45,379人(構成比2.0%)(+5.3%) その他309,713人(構成比13.9%)(+9.1%)

※法務省参照

ダントツで一番多いのはやはり中国人ですね。

予想通りではありますが、中国人だけで在留中の外国人の30%を占めているとは驚きです。

その数は2位の韓国人と3位のフィリピン人を足した数に匹敵します。

というかこの3か国だけで60%っていうのもすごいですね。

さて、法務省のデータまで引っ張ってきて何が言いたかったかというと。

中国人が多いよね。ということです。

大げさに文章量を増やしたのは、まあSEO対策です。

本題に戻します。

大阪と東京の違いですね。

大阪も東京もここは日本か。と思うくらい中国人がいるわけですが、なんと中国人の雰囲気が全然違うんですよ。

大阪の中国人はとにかく騒がしい印象があります。いい意味で中国人らしいというか、僕の中の中国人のイメージ像にしっくりきます。

一方、東京の中国人は、なんとなくおしとやかな気がします。どちらかと言うと日本人らしい。これには本当に驚きました。

こういう言い方をしたら、大阪の人たちに怒られそうですが、それは誤解です。

個人的なイメージを文章化するのって意外に難しいですね。

うーん。元気か静かかの違い。かな。

なんとなくお分かりいただけますか?

これには、色々な反論がありそうですね。

中国人は多いからいろんな人がいる。とか

たまたま周りにそういう人がいるだけでしょ。とか

多分、ある程度はその通りだと思います。

しかし、僕の結論は違います。

今回、分かりやすいようにたまたま中国人を引き合いに出しましたが、これは日本人にも当てはまります。

関西のローカル番組では弾けてうるさい芸人が、関東のローカルや全国放送では控えめだったり、また関東の芸能人がその逆だったり。

結局「郷に入っては郷に従え」ということなんですよね。

人は環境によって左右されやすい生き物だということです。

今回も長いわりに中身がない内容でしたが、いい感じのSEO対策はできたはず。

新宿に来られた際は是非WTIMESへお越しください。


特集記事