襲来

August 1, 2017

こんにちは。

関東は梅雨が明けたみたいです。
ここ最近ずっと雨降ってますけどね。天気予報なんて信じられません。

さて、遂にWTIMESにあの人達がやってきました。

社長・MG・WD(初登場初対面。大阪の偉い人)です。

WTIMESがOPENして以来なので9ヶ月振りの再会です。
過去何回か「近々いくわ!」と発言するも全然来ない。という行く行く詐欺の常連だったので、今回もあまり期待はしてなかったのですが、ようやく来ました。

当日朝

社長「今日仕事終わったら22時に恵比寿な」

俺「(...あれ?店こないの?)了解です。」

社長「知り合いの店だから。ラインで地図送るから。」

俺「(恵比寿行ったことないな...調べよ)了解です。」

当日20時頃

ヤバいヤツ「...」

俺「うわーヤバい奴が店の中覗いてるよ。めっちゃ見てるって。極力関わらないようにしよう。」

ヤバいヤツ「...」

俺「...うん?あれどこかで見たことあるような...」

ヤバいヤツ「...」

俺「社長!」

社長「おい!てかこの店狭いな!」

俺「お疲れ様です。いや、社長がここ選んだんですけどね。」

社長「今日はどうだ?」

俺「ボチボチですね。」

社長「どーでもいいけど、この店圧迫感すごいな!」

俺「いや、だから社長がここ決めたんですって。」

なんやかんで、結局一緒に恵比寿まで行くことになりました。予定した時間は何だったのか。何で店の場所を調べさせられたのか。

山手線にて

社長「東京って言ってもなんも変わらんな。大阪と。」

俺「まあ違いといっても人と雨が多いだけですね。」

社長「うぉー何だこれ!どうなってんだー!」

俺「あーそれ液晶のタッチパネル式の自販機ですね。大阪にはなかったでしたっけ?(てか声デカイな。周りの人ビビってるな。)」

社長「いや、ない。うぉー電車長いなー!何車両あるんだー!?新幹線なみだな。」

俺「山手線ですからね。これが数分置きに来ますよ。(それにしても騒がしいな。あんなに東京大したことないって言ってたのに。まるで上京したての大学生みたいじゃないか。いや、テンションだけでいったらアフリカの奥地から来た原住民が初めて文明に触れた時のレベルか。)」※偏見に満ちていることはもちろん、過剰に書いてるだけです。ノークレームでお願いします。社長からは特に。

電車内でも怒涛の如く大音量で喋り、困り果てた乗客が他人のフリをして離れて座っていたMGに愚痴るというハプニングもありましたが、無事恵比寿に着きました。

恵比寿にある社長の同郷の友人が経営している和食の創作系の居酒屋に行きました。
その名も

「おじんじょ」

広島弁らしいのですが、意味は忘れました。

https://s.tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13171194/
食べログでもかなりの高評価です。

路地裏の目立たないところにあるにも関わらず常に満席。メディアにも取り上げられるくらいの隠れた名店みたいで、予約必須です。
味覚が狂っている僕ですらそれはもう美味しく感じました。

おじんじょのオーナーも参加して、皆んなで楽しく飲んでましたが、社長との地元トークがブッとびすぎてるのでここでは書けません。省略させていただきます。

なんやかんやでその日はそこでお開きとなりました。

次の日も御一行はWTIMESにやってきました。
社長がUと初めて対面するということで、個人的には内心楽しみにしていたのですが、そういう時に限ってUは何もやらかさず。
本人は真面目さをアピールしたかったのでしょうが、それが裏目に出ました。

社長「暗い。真面目過ぎる。もっと遊べ。きっと将来何か危ないことやらかすぞ。」

僕も長年怒られるパターンを色々見てきましたが、真面目になるな。と怒られている光景はこれまで見たことがありません。生まれて初めて見ました。

さすがのUも初めてだったのか、すごい感化されていました。これを機に生まれ変わってくれたらありがたいです。

社長「じゃあ、帰るわ」

一同「え?」

一応集合写真だけは撮りましたが、そのまま本当に帰ってしまいました。

最後の方になるにつれ駆け足で書いてるようになっていますが、別に省略しているわけではなく、本当にササっと来てサッサと帰っていきました。

まさに嵐です。というかWTIMESよりおじんじょの方が本命だったような...

今度は僕が大阪に行きたいと思います。
いつになるか分からないですけど。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

1周年記念③

October 26, 2017

1/3
Please reload

特集記事
最新記事

May 8, 2018

March 8, 2018

February 28, 2018

February 9, 2018

February 2, 2018